監督挨拶

小学部 田畑監督のご挨拶

『基本』これが、私の指導方針です。
十数年少年野球の指導をしていますが、ずっと変わらない指導理念です。

彼らはまだ歩き始めたばかりです。『野球の基本』『人間としての基本』をしっかりと教え、野球を通じて、子供達に『努力すること』『感謝すること』『本当の強さとは何か』を学んでもらうことが我々の役割であると思っています。

『努力すること』・・・練習は嘘をつきません。努力はいつか必ず報われます。努力を重ねれば野球は必ず上手くなります。上手くなれば野球が楽しくなります。楽しくなればそれが次の努力への励みになります。そうやって子供達に『努力すること』を覚えて欲しいと思います。

『感謝すること』・・・野球は一人ではできません。どんなにすごいピッチャーでも全ての打者を三振させられるわけではありません。守ってくれる野手がいなければ勝てないのです。どんな守備の名手でも、一人でダイヤモンド全てを守れるわけではありません。送球を捕ってくれる野手がいなければ走者をアウトにはできません。どんなにすごいバッターでも全ての打席でホームランが打てるわけではありません。野球は一人では決して勝てないのです。仲間がいるからこそ自分は野球ができるのです。仲間に感謝です。また、道具がなければ野球はできません。グラウンドまで連れてきてもらえなければ練習ができません。家族に感謝です。その中から『感謝すること』を学んでいって欲しいと思います。

『本当の強さとは何か』・・・『本当の強さ』とは『弱者の気持ちがわかること』だと私は思います。野球をしていく中では『辛いこと』や『悔しいこと』が数えきれないほどあります。特に野球を始めたばかりの頃は力も技術も未熟ですからそういうことばかりです。その時の気持ちを忘れなければ、自分が強くなったとき、本当の意味で人に優しくなれると私は信じています。

これらは全て、野球をする上でも、生きていく上でも『基本』というべき大切なことです。その『基本』を繰り返し、繰り返し、根気強く、一生懸命、本気で教えていくことが我々の使命だと思っています。

大人が一生懸命に、本気にならなければ子供は決してついてきません。大人が一生懸命、本気で教えさえすれば子供達は必ずそれに応えてくれます。そういう環境を作っていくこともまた大切なことではないでしょうか。

また、『勝つこと』はチームとして目指すべき大切な目標ではありますが、それが全てではないと私は思っています。その目標のためだけに無茶な練習をさせるようなことは決してしたくありません。彼らの野球はここで終わりではないのです。
中学へ行き、高校へ進み、さらにはもっと大きな舞台へと進むための最初の一歩なのです。
そうしてこのチームから巣立っていった子供達が市営球場や県営球場のスコアボードに名前を刻み、さらに大きな舞台へと羽ばたいてゆくのを願って止みません。

ぜひ一度グラウンドへ【鹿児島シャークス】を見に来て下さい。ぜひ体験入部して練習に参加してみて下さい。きっとまだ親御さんが見たことのない我が子の顔に出会えることと思います。

九州硬式少年野球連盟所属
鹿児島シャークス小学部
監督 田畑 一三